女性の骨盤の仕組みと産後のこと


女性の骨盤の仕組み


 女性の骨盤の内部には、子宮や卵巣といった女性特有の大切な臓器が入っています


そのため、男性に比べて骨盤内の構造が複雑になっています


骨盤が歪んでいると、骨盤周囲の血流が悪くなり

神経伝達がうまくできずに

生理痛
生理不順
不妊
など、の症状の原因になります

また、坐骨神経痛や股関節痛、腰痛の原因ともなります。


◯産後の骨盤内部の症状◯

 
 出産により骨盤が歪むと、内部の臓器が影響を受けやすくなります。

生理痛
生理不順
便秘
腰痛
坐骨神経痛
頻尿
胃の圧迫感
などの症状は骨盤の歪みが関係しています

子宮は骨盤内にありますが、靭帯によって骨盤に付着しています

そのため、骨盤がゆがむと、
生理時、子宮が収縮するときに
余計な負担がかかりやすくなり
生理痛、腰痛、腹痛などを引き起こしやすくなります


◯産後の骨盤の歪みを放っておくと…


 女性の身体は出産するときに、赤ちゃんが産道を通りやすくするために
骨盤が大きく広がります

産後、骨盤が開いたままにしておくと、様々な症状が生じやすくなります

歪んだ状態で固まってしまうと
出産前と比べて様々な症状が出やすくなります。

 さらに、出産後は慣れない育児も加わり、生活のリズムも変わります

赤ちゃんとは
ほぼ24時間一緒。気持ちも緊張している状態が続きます

 出産後の骨盤の歪みに加えて、育児の疲れやストレスにより
体調不良になる方が多くいらっしゃいます。


✔︎産後の体重が戻らない

   骨盤が開いてしまい自然に戻らず、血行や代謝が悪くなり痩せにくくなっている場合があります。

✔︎産後、骨盤周囲に違和感がある

   妊娠中にお尻を突き出す姿勢をとっている為腰が反り、腹筋とお尻の筋力を使わないくせがつきます。
これが続くと、やがて腰痛が慢性化します。
  その姿勢のクセにより、骨盤は前傾が強くなり、連動して身体のバランスが崩れます。

✔︎産後、膝や股関節に痛みを感じる
  
   運動不足により、硬く短くなった筋肉は間接面同士を強く押し付けているため、間接の柔軟性が低下します。

✔︎産後、頭痛・肩こりや腰痛がひどくなった

  全身の筋肉が弱くなり、骨盤が歪み、それがより首を歪ませて、産後の肩こり、首こり、手の痺れ、肩甲骨の痛みやこりに繋がります。

✔︎仰向けだと腰が痛くて寝れない

   仰向けで寝ると尾骨に床が当たって痛みがある。
仰向け寝だと腰の下に隙間が出来るので横向きの方が安定します

✔︎横座りすると股関節や足の付け根が痛い

  産後の骨盤の歪みと股関節の影響で、横座りが出来なくなることがあります

✔︎妊娠中から坐骨神経痛がある

   妊娠中の坐骨神経痛は、坐骨神経が子宮に押されるため、腰から脚に響くような痛みを感じます

✔︎産後から体調が優れない

  産後には体の免疫力が衰えているために、風邪などの感染症にかかりやすくなっています。

症状は様々で、身体的なものと精神的なものがあり個人差が大きいです




家族を守るためにも、自分自身の身体のケアは大切となります


Calinaでは外側のケアだけでなくハーブティーにより内側のケアと

両面、全体的にケアをします




0コメント

  • 1000 / 1000