冷えとり健康法


愛知県で医師をしていた
進藤義晴さんが

「冷え」とはいわゆる「冷え性」のことではなく


「下半身が冷たく、上半身が熱い状態」や

「からだの奥に冷えがたまり、表面が熱くなっている状態」を指します。

また、冷える(陰性)食品を多くとりすぎたり

自分本位で頭に血がのぼった状態も

「冷え」を呼びます。


「冷え」があると低体温になり
血管が縮み、血や気のめぐりが悪くなります。

そうなると身体に必要なものが入らず、いらないものはでていかなくなり

心身に不調を感じたり、病的な症状があらわれたりします。


「冷えとり」は
そういった万病のもとである「冷え」を自分でとって心身を整えていく方法で

夏でも冬でも

「頭寒足熱」

を心がけます




●冷えとり健康法のきほん

  1. 半身浴•••37〜38度のぬるめのお湯をみぞおちから下をあたためます
  2. 靴下の重ねばき•••絹の靴下、綿の靴下、絹、綿...というふうに最低4枚以上重ねて履きます(靴を履くときは圧迫され痛みや痺れがでた場合には使用をやめる)
  3. レギンスの重ねばき•••天然素材のレギンスで下半身をあたためます(化学繊維は蒸れで冷えや皮膚炎につながります)
  4. 湯たんぽを使う•••就寝中、デスクワーク中などに
  5. 食べ過ぎないようにする•••食べ過ぎも「冷え」のもとです
  6. カモミールなどの身体をあたためるハーブティーを取り入れる(緑茶は身体の芯を冷やします)
  7. 自分本位の考え方をやめる(詳しくはまた後日)



骨盤の歪み、からだのバランスの崩れも血流を悪くし「冷え」の原因になるので

定期的なケアも大切です。

初回 トータルバランスケア 60分 ¥8000

アロマとハーブティーによる身体の内側ケアも含まれています


ご予約・お問い合わせ

calina.51@icloud.com





Aroma&Herb Calina

holistic body care 整体とアロマとハーブティー Aroma&Herb Calina

0コメント

  • 1000 / 1000