妊娠と出産と植物療法の必要性


妊娠や出産の時期には


ホルモン分泌の変化などから


つわりや便秘などの不調が起きがちです


こうした時期には、母子ともに作用の強い医薬品の服用をなるべく控え


穏やかなメディカルハーブを利用して乗り切ることが大切です


小児の心身の不調も、安易に医薬品に頼ることなく、メディカルハーブを活用して


生活を見直しましょう


この時期のトラブル背景には母子関係に問題があることも多いので


コミュニケーションにも注意が必要です



妊娠や出産は自然のプロセスの一部であり、病気ではありません


ただし、妊娠期間中は様々なマイナートラブルに見舞われることがあります


この時期にはなるべく医薬品を使わず


ハーブなどの自然薬を上手使用し乗り切ることが望まれます


ハーブは身体への負担が少なく優しく働くので妊娠中に最適です


 ただし、医薬品を使わずに自然薬だけで乗り切ろうとするのは、母子の健康を損なう危険性もあります


統合医療的な視点を持ち、バランス感覚を身につけることが大切です



最近はネットで検索をすればすぐに情報が手に入ります


ただ多すぎる情報によって時にはうまく判断がつかなくなってしまうこともあります


多すぎる情報に惑わされることなく、安心と安静を確保し、出産に備えましょう


初産で不安が強いといった心のケアや、感情面へのアプローチが必要な場合には


バッチ博士の花療法も役に立ちます


身体の変化、出産への不安、産後のマタニティーブルーズにはレスキューレメディを


ひとつ持っておくと助けになるでしょう


身体の硬さは出産時の痛みや難産にもつながってしまうので


かかりつけの医師から承諾を得ることができたら身体のケアも大切です


▷マタニティ トータルバランスケア 20% off


周期に合わせたメディカルハーブティーやアロマオイルなどもご用意しています


人それぞれによって合う合わないがあります

いくら良いとされているものでも人によっては悪かったりします

calinaではおひとりお一人に合わせて、オーガニックなハーブ、アロマ、オイルをブレンドしてお作りしています


ご相談ください



ご妊娠中はとってもデリケート

出来れば添加物、合成香料、化学成分などは避けたいもの

濃縮された精油もきをつけたいところです

そんなときには
ハーブを浸した植物油が安全安心です

妊娠線予防には栄養価が高い
アボカドオイル
そして皮膚炎などにも有効なカレンデュラにセントジョンズワートをブレンド

産後のケアにも穏やかに使えます



Aroma&Herb Calina

organic natural body care Aroma&Herb Calina

0コメント

  • 1000 / 1000